HOME >> 住宅ローン借り換え情報 >> 量的緩和と住宅ローン金利

量的緩和と住宅ローン金利

量的緩和政策と今後の住宅ローン

日本銀行は9日の金融政策決定会合で、01年3月に導入した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除することを賛成多数で決めた。
(2006.03.09)

日銀は金利を上げ下げする通常の政策に戻り、当面は、短期金利(無担保翌日もの)の水準を「おおむね0%」とする「ゼロ金利政策」をとる。
同時に、中長期的に「物価が安定している」と見られる上昇率を、現時点では0~2%程度とする見方を公表。これを念頭に今後の政策運営を行う方針も表明しました

さて住宅ローン金利はどうなる???

量的緩和とは、デフレ脱却を条件に長いスパンで金利が上昇していく可能性があると言う事ですね。
今回の解除で「当面はゼロ金利政策」で行くとのことですが、数年後は・・
誰もわかりません。
スグに金利がUPするとは考えられません。

しかし現在の住宅ローン金利が将来的にUPするコトは確実になりました!

ここで注意したいのが
変動型住宅ローンを組まれている方ですね
変動型ということは徐々に住宅ローン金利もUPしていきます!
本日の緩和解除によって間違いないこととなりました

あなたの家庭の・・・
住宅ローンは変動型ですか?固定型ですか?

住宅ローン金利を再度チェックするコトをお勧めします!!!!

どうやら・・住宅ローンは固定型のメリットが大きくなりつつありますね♪

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローン借り換え情報カテゴリーの関連記事】

住宅ローン経費圧縮
量的緩和と住宅ローン金利

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年03月11日 11:29

量的緩和と住宅ローン金利を最後までお読下さいましてありがとうございます。
量的緩和,規制緩和,量的緩和解除に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
量的緩和,規制緩和,量的緩和解除に関する記事をお持ちの方や量的緩和,規制緩和,量的緩和解除関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a119a.net/mt/mt-tb.cgi/448

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)