HOME >> 住宅ローン借り換えの損得 >> 住宅ローン借り換えデメリットとは?

住宅ローン借り換えデメリットとは?

住宅ローン借り換えメデリット

住宅ローン借り換え手続きは、新しいローンを組むことと同じです。
新規に借り入れを起こすと考えてもよいでしょう。

ローンを組むという事はつまり、諸経費発生するという事です!

新規ローンを組むのと同じ手続きが必要なので、諸経費がかかります。

ローン契約書印紙代、事務取扱手数料、保証料、登記費用等がかかるので、これらのコストも含めて、返済総額の軽減効果があるかどうかをチェックすることが必要となります。

ローン契約書印紙代、事務取扱手数料、保証料、登記費用等がかかるので、これらのコストも含めて、返済総額の軽減効果があるかどうかをチェックすることが必要なのです

当面の金利が低くなるからと固定金利型から変動金利型、または固定金利選択型に借り換えた場合は、将来の金利上昇リスクを負うことになります.

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローン借り換えの損得カテゴリーの関連記事】

住宅ローン借り換えメリットがあるタイプ
住宅ローン借り換えデメリットとは?
住宅ローン借り換えメリットとは?
住宅ローンを借り換えるときのコツ
住宅ローンの借り換えは、どうやったら得?

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年11月07日 23:26

住宅ローン借り換えデメリットとは?を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a119a.net/mt/mt-tb.cgi/365

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)