HOME >> 住宅ローン借り換えパターン >> 変動金利→変動金利 

変動金利→変動金利 

住宅ローン借り換えパターン

変動金利→変動金利への借り換え


この借り換えパターンの注目すべき点は、金利差です

別の金融機関に、住宅ローンを借り換えるわけですが、金利体系が同じであれば金利差が住宅ローン借り換えのメリットとなります。

住宅ローンは、全期間優遇の住宅ローンがあります

以前の一定期間のみ優遇(例えば、当初5年間のみ優遇)の住宅ローンであれば、今回新たに全期間優遇の住宅ローンに借り換えることによって、金利差のメリットを受けることが出来るかもしれません。

また借り換えで注意すべき点は、借り換え時に手数料・保証料・登記費用等です

これらの費用でかえって高くなるようであれば借り換えをする意味がありません
諸費用を計算にいれずに金利だけに注目し借り換えを行う方が非常に多いのが現状です
総合的な視点やスケールメリットを頭に入れておきましょう!

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローン借り換えパターンカテゴリーの関連記事】

固定金利→固定金利 
変動金利→固定金利 
変動金利→変動金利 
固定金利→変動金利

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年08月05日 00:27

変動金利→変動金利 を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a119a.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)