HOME >> 住宅ローンの選択 >> 住宅ローン選択

住宅ローン選択

住宅ローン選びのステップについて

住宅ローン選びSTEP①
住宅ローン選びSTEP②
住宅ローン選びSTEP③

住宅ローンの選び方や流れについて説明します
ステップにそって最適な種類を選びましょう

住宅ローン選びSTEP①


住宅ローンを選択するにあたり、やっておきたいのが、利用できるローンの把握です

住宅ローンがどんなものがあるのか?
住宅ローンの適用範囲は?
住宅ローンにはそれぞれ利用条件があり、場合によっては利用できないものもあります。

住宅ローン金利タイプ一覧


住宅ローン選択.gif

いくら魅力的でも自分の条件に合わないものを追いかけても意味はありません。

住宅ローン選びのステップ②

住宅ローン金利水準をチェックする!

最近は金利優遇を行なう民間融資が増えています。
変動型や固定金利選択型の民間融資を利用する場合は店頭金利だけでなく、金利優遇があるか?利用できるかを確認し、優遇金利で比較するといいでしょう。

利優遇を受けると1%以下になる住宅ローンもあり、当初の返済負担が抑えられメリットがあります

金利優遇の多くは一定期間、大幅に優遇し、その後、優遇幅が小さくなるタイプ、全期間、一定幅で優遇するもの、に分けられます。

どちらがトクかは返済期間などによって異なりますが、のタイプはずっと大幅な優遇幅が続くわけではないことを念頭におき、ほかのローンとの金利差をみることが大切です。

優遇措置は各銀行、最近ではネット銀行では大きな特典となっています

▼金利優遇はあるのか?

▼団体信用生命保険料は金利に含まれているか?

必ずチェックしましょう!

住宅ローン選びのステップ③

住宅ローン借り入れの際には、団体信用生命保険(団信)に加入します。
これは、借りた人が返済中に死亡したり、高度障害に陥ったりした場合、その後の返済が免除される(保険金で完済される)、というものです。


団信には保険料(団信料)がかかり、民間融資の多くは団信料が金利に含まれており、別途負担する必要はなし。
対して公庫やフラット35、その他、固定型のローンの多くが、別途、負担する必要があります。


ローンによって差はありますが、団信料はおおよそ借入額の0.3%程度となっています。

また住宅ローンでは保証料がかかります。
万が一、返済不能に陥った場合に、一時的に返済を肩代わりしてもらうためのものですが、返済が免除されるわけではありません。
住宅ローンによっては保証料なしとしているものもあり、そのようなローンなら諸費用負担が軽くなります。


その他融資を申し込むときの事務手数料(3~5万円程度が一般的)がほかに比べて割高でないかもチェックするといいでしょう。

繰り上げ返済の手数料もネットで手続きすれば1万円程度から手数料なしで繰り上げ返済が行なえたり、預金口座の残高が指定額を上回れば自動的に繰り上げ返済されるものなど便利なものも存在します

HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローンの選択カテゴリーの関連記事】

全期間一律優遇タイプ
住宅ローンシミュレーション(返済期間)
住宅ローンシミュレーション(返済総額)
住宅ローン返済期間の検討
住宅ローン選択

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年07月29日 18:31

住宅ローン選択を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):