HOME >> 住宅ローンニュース >> 固定型住宅ローン金利を引き上げ

固定型住宅ローン金利を引き上げ

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の大手3行は1日、長期金利の上昇に対応し、金利固定型の住宅ローンの基準金利を一部を除いて引き上げた。
今月の新規融資分に適用する。

5年固定型は、0・15~0・2%引き上げ、年3・5~3・3%とした。10年固定では、みずほと三井住友が0・15%引き上げて、三菱東京UFJと同じ年3・85%とした。

各行とも、給与振り込み口座を開設しているなど、一定の条件を満たした人に適用される「金利優遇プラン」を利用すれば、実際の借り入れ金利は基準金利よりも0・7%~1・5%程度低くなる。
住宅ローンの基準金利は、長期金利の変動を受けて、3月から3か月連続で上昇したが、その後は下落基調となっている。
(2006年11月1日20時7分 読売新聞)

住宅ローン固定型の引き上げが各地でおこっています。
しかしこの金利引き上げが一時的なものなのか、これから少しづつ上がっていくものなのかはまだ不明です。
こういったニュースに踊らされ、急いで借り換えを行うことは危険です。

借り換えメリットがあるかどうか?

しっかり見極めましょう!

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローンニュースカテゴリーの関連記事】

不動産屋
大手銀住宅金利上げ
住宅ローン金利の見直
固定型住宅ローン金利を引き上げ
住宅ローン手続きネットでOK(三井住友銀)

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年11月10日 11:10

固定型住宅ローン金利を引き上げを最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a119a.net/mt/mt-tb.cgi/619

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)