HOME >> 住宅ローンニュース, 住宅ローン借り換えのまとめ >> 住宅ローン金利の見直

住宅ローン金利の見直

金利の見直し借り換えタイミングと注意点

住宅ローンの「借り換え」は、高金利時代に借りたローンを、より低金利のローンに借り換え、利息負担を軽減させることがねらいです。

金利差がないローンに借り換えても、諸費用のコストを併せると利息軽減効果はほとんどなく、借り換えのメリットはあまりないといえます。


とくに、最近の低金利の住宅ローンを利用している方の場合は、今すぐ借り換えをする必要はそれほどないでしょう。


ただし、変動金利型、1~3年程度の固定金利期間付き変動金利型ローンを利用している方は、将来の金利上昇リスクを抑えるために早めに借り換えをしたほうがいい場合もあります。

該当する方は、ぜひ情報を集めて、借り換えをした場合のシミュレーションをしてみてください。

ちなみに、低金利の長期間固定金利型ローンとして注目されている「フラット35」は、民間金融機関が窓口になっていますが、新たに住宅を建設または購入する方に限定されているローンのため、残念ながら、借り換えに利用することはできません。

「住宅ローン借り換え」チェックポイント!

①借り換えができるのは「公的ローン→民間ローン」
または「民間ローン→民間ローン」
※「民間ローン→公的ローン(「フラット35」含む)」への借り換えはNG


②借り換えの目安は「ローン残高500万円以上」
もしくは「ローン残期間10年以上」「金利差1.0%以上」

※変動金利型、固定金利期間付き変動金利型に借り換える場合は金利上昇リスクも要注意!


③担保評価額は充分か??

→担保評価以上の融資は原則NG(担保割れしていても利用できるローンもあります)

④団体信用生命保険に加入できるか?

→大きな病気をした直後などは団信に加入できない場合も(団信加入が条件のローンは利用できません)

⑤抵当権の順位は競合しないか

→複数のローンを利用する場合、抵当権の順位が競合して融資が受けられない場合も

住宅ローン借り換え時は諸費用計算を忘れずに!

住宅ローンを借り換える場合、印紙税保証料どの諸費用も必要です。

保証料が不要のローンの場合は諸費用も安く抑えることができます。


⇒保証料とは?

長期で多額な個人に対する住宅融資では、返済を確実にする為、従来採用していた連帯保証人制度を廃止し、保障期間に保障を委託する制度に移行しています。
指定された保証会社が保証するので、原則として保証人は必要ありませんと、表示されています。

又、保証委託に伴う、保証料は一括前払い方式と、保証料銀行前払い方式の選択型と、一括前払い方式のみとが見られます。
金利の表示は、保証料外枠方式として、保証料内枠方式に比べて、低利になっています。

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【住宅ローンニュース, 住宅ローン借り換えのまとめカテゴリーの関連記事】

不動産屋
大手銀住宅金利上げ
住宅ローン金利の見直
固定型住宅ローン金利を引き上げ
住宅ローン手続きネットでOK(三井住友銀)

住宅ローン 借り換え

投稿者 g on 2006年11月11日 20:59

住宅ローン金利の見直を最後までお読下さいましてありがとうございます。
に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
に関する記事をお持ちの方や関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a119a.net/mt/mt-tb.cgi/462

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)